研究活動

SUBJECT 海外調査 鳥居享司、西村知、Cokanasiga Apimeleki Sikoa、佐藤哲 
フィジー(地域調査及び打ち合わせ)
階層間トランスレーターとして協働を予定しているMinistry of I-Taukei Affairsと理念と目標の共有、地域のイノベーター・トランスレーターとDIDLISによる対話を行い、新たな知見を得るための調査
DATE 2017年10月16日-22日
Natalao村・Lomawai村

SUBJECT 海外調査 笠松浩樹 
インドネシア(地域調査及び打ち合わせ)
湖沿岸環境の変化に伴う住民の暮らしの変化を探り、環境変化への対応、活用できる地域資源、これらをマネジメントする地域の人材についての調査
DATE 2017年9月14日-21日
ゴロンタロ州

SUBJECT 学会参加発表 RAMPISELA, Dorotea 佐藤哲
International Transdisciplinarity Conference 2017 (ITD2017)
http://www.transdisciplinarity.ch/en/td-net/Konferenzen/ITD-2017.html
世界のトランスディシプリナリー研究者が集まるITD2017に参加、プロジェクトの成果の中で、特にトランスディシプリナリー研究の理論に関する研究発表を行いました。世界各地の多様なTD研究者との議論を通じて、プロジェクトのアプローチの意義について広く周知することができました。
DATE 2017年9月10日-17日
リュウネブルグ・ドイツ

SUBJECT 海外調査 RAMPISELA, Dorotea 佐藤哲 
インドネシア(地域調査及び打ち合わせ)
ポレワリ地域、ジェネベラング流域にてDIDLIS調査実施と打合せ
DATE 2017年8月15日-23日
ポレワリ・マカッサル

SUBJECT 海外調査 佐藤哲
マラウィ(マラウィ湖沿岸地域調査及び打ち合わせ)
主要メンバーとの打合せ、調査地3地点でのDIDLIS調査実施の実施と新たなイノベーション発掘
DATE 2017年7月25日-8月6日
リロンゲ・チェンベ村・マリンディ・ゾンバ

SUBJECT 学会参加発表 大元鈴子
Slow Food Nations in Denver, Colorado
https://slowfoodnations.org/
DATE 2017年7月12日-19日
デンバー・米国

SUBJECT 第1回全体会議
DATE 2017年6月4-5日 愛媛大学
6月4日
佐藤哲:プロジェクトの全体像と今年度のトップ・イノベーター会議計画
松田裕之:ツールの資源管理にかかわるインパクトの評価指標
松田浩敬:ツールの生業複合にかかわるインパクトの評価指標
但馬英知、法理樹里、竹村紫苑、牧野光琢:ツールボックスの全体像と内容
討論
★但馬氏よりツールボックス「持続可能な開発」について各発表後にコメント
6月5日
鹿熊信一郎、佐藤哲:国際的リンケージの抽出と活用
事例研究報告
・鳥居享司、西村知:フィジー
・佐藤哲:マラウィ
・笠松浩樹、島上宗子、榊原正幸:ゴロンタロ
・中村浩二、北村健二:イフガオ
・大元鈴子、アグネスドロテア:ポレワリ
・久米崇:トルコ
・アグネスドロテア:ジェネベラング
 討論
★但馬氏よりツールボックス「持続可能な開発」について各発表後にコメント
MEMBER 大西秀之・佐々木茂樹・高橋一秋 発表者

SUBJECT 戦略会議
DATE 2017年4月21-22日 横浜国立大学
ツールボックス構築のための戦略
国際フォーラム設立のための戦略
ツールの資源管理上の効果の評価手法
ツールの生業複合に対する効果の評価手法
株式会社タジマラボ・但馬英知代表と業務委託内容についての打ち合わせ
MEMBER 大西秀之・鹿熊信一郎・佐藤哲・竹村紫苑・但馬英知・法理樹里・牧野光琢・松田浩敬・松田裕之