研究活動

SUBJECT 研究会および打ち合わせ
DATE 2018年6月10日-11日 横浜国立大学
ツールボックス開発と妥当性評価に関する研究会および打ち合わせ
MEMBER 大西秀之・佐藤哲・竹村紫苑・但馬英知・牧野光琢・松田浩敬・松田裕之・福嶋

SUBJECT 海外調査 大元鈴子 RAMPISELA, Doroteabr
インドネシア(地域調査及び打ち合わせ)
カカオ製品の市場調査、カカオ農園での聞き取り調査
DATE 2018年3月20日-26日
マカッサル、ポレワリ

SUBJECT 海外調査 佐藤哲
タイ(共同研究のための調査及び打ち合わせ)
新たな事例研究として、タイ南部および東部において小規模天然ゴム農家のイノベーターおよび小規模農家と協働しているトランスレーターの発掘の試みと打合せ
DATE 2018年3月7日-11日
ハチャイ・ラヨン

SUBJECT 海外調査 大西秀之 中村浩二
フィリピン(地域調査及び打ち合わせ)
マイスター研修生より聞き取り調査、イノベーターの発掘と現地調査
DATE 2018年2月13日-20日
イフガオ州バタック村・キアガン村

SUBJECT トップイノベータ―ワークショップおよび第2回全体会議
DATE 2018年2月10-12日 同志社女子大学
2月10日-11日
佐藤:ワークショップの概要説明
イノベーターの紹介
John Banana Matewere (マラウィ)
Mohammed Namputu Mangwere (マラウィ)
Herwin Hartawan Soekirman (インドネシア)
Kamaruddin (インドネシア)
Umar (インドネシア)
イノベーションと課題に関するプレゼンテーションとディスカッション
各事例の課題の可視化と精査のためのブレインストーミング
ツールの妥当性と課題の解決に関するインプットとディスカッション及び相互交流
2月12日
全体会議
・事例研究の報告およびデータベースへのインプット
・トップイノベーターワークショップの振り返り
・ツールの妥当性評価と改善
・今後の戦略とアウトプット
MEMBER 招へいイノベーター5名とプロジェクトメンバー

SUBJECT 海外調査 佐藤哲 松田裕之
マラウィ(マラウィ湖沿岸地域調査及び打ち合わせ)
主要メンバーとの打合せ、調査地3地点でのDIDLIS調査実施およびツールの収集と妥当性評価
DATE 2018年1月2日-12日
リロンゲ・サリマ地区・マリンディ・チェンベ村・ケープマクレアー・コタコタ・ゾンバ

SUBJECT 海外調査 RAMPISELA, Dorotea
 
インドネシア(地域調査及び打ち合わせ)
水資源の地域課題とステークホルダー仕組みづくりについての調査
DATE 2017年12月1日-10日
ポレワリ

SUBJECT 海外調査 島上宗子
インドネシア(地域調査及び打ち合わせ)
ゴロンタロ州における住民の社会経済状況とイノベーターに関する現地調査
DATE 2017年10月25日-11月10日
ゴロンタロ州ボネ・ボランゴ県、ゴロンタロ県、ゴロンタロ市

SUBJECT 海外調査 鳥居享司、西村知、Cokanasiga Apimeleki Sikoa、佐藤哲 
フィジー(地域調査及び打ち合わせ)
階層間トランスレーターとして協働を予定しているMinistry of I-Taukei Affairsと理念と目標の共有、地域のイノベーター・トランスレーターとDIDLISによる対話を行い、新たな知見を得るための調査
DATE 2017年10月16日-22日
Natalao村・Lomawai村

SUBJECT 海外調査 笠松浩樹 
インドネシア(地域調査及び打ち合わせ)
湖沿岸環境の変化に伴う住民の暮らしの変化を探り、環境変化への対応、活用できる地域資源、これらをマネジメントする地域の人材についての調査
DATE 2017年9月14日-21日
ゴロンタロ州

SUBJECT 学会参加発表 RAMPISELA, Dorotea 佐藤哲
International Transdisciplinarity Conference 2017 (ITD2017)
http://www.transdisciplinarity.ch/en/td-net/Konferenzen/ITD-2017.html
世界のトランスディシプリナリー研究者が集まるITD2017に参加、プロジェクトの成果の中で、特にトランスディシプリナリー研究の理論に関する研究発表を行いました。世界各地の多様なTD研究者との議論を通じて、プロジェクトのアプローチの意義について広く周知することができました。
DATE 2017年9月10日-17日
リュウネブルグ・ドイツ

SUBJECT 海外調査 RAMPISELA, Dorotea 佐藤哲 
インドネシア(地域調査及び打ち合わせ)
ポレワリ地域、ジェネベラング流域にてDIDLIS調査実施と打合せ
DATE 2017年8月15日-23日
ポレワリ・マカッサル

SUBJECT 海外調査 佐藤哲
マラウィ(マラウィ湖沿岸地域調査及び打ち合わせ)
主要メンバーとの打合せ、調査地3地点でのDIDLIS調査実施の実施と新たなイノベーション発掘
DATE 2017年7月25日-8月6日
リロンゲ・チェンベ村・マリンディ・ゾンバ

SUBJECT 学会参加発表 大元鈴子
Slow Food Nations in Denver, Colorado
https://slowfoodnations.org/
DATE 2017年7月12日-19日
デンバー・米国

SUBJECT 第1回全体会議
DATE 2017年6月4-5日 愛媛大学
6月4日
佐藤哲:プロジェクトの全体像と今年度のトップ・イノベーター会議計画
松田裕之:ツールの資源管理にかかわるインパクトの評価指標
松田浩敬:ツールの生業複合にかかわるインパクトの評価指標
但馬英知、法理樹里、竹村紫苑、牧野光琢:ツールボックスの全体像と内容
討論
★但馬氏よりツールボックス「持続可能な開発」について各発表後にコメント
6月5日
鹿熊信一郎、佐藤哲:国際的リンケージの抽出と活用
事例研究報告
・鳥居享司、西村知:フィジー
・佐藤哲:マラウィ
・笠松浩樹、島上宗子、榊原正幸:ゴロンタロ
・中村浩二、北村健二:イフガオ
・大元鈴子、アグネスドロテア:ポレワリ
・久米崇:トルコ
・アグネスドロテア:ジェネベラング
 討論
★但馬氏よりツールボックス「持続可能な開発」について各発表後にコメント
MEMBER 大西秀之・佐々木茂樹・高橋一秋 発表者

SUBJECT 戦略会議
DATE 2017年4月21-22日 横浜国立大学
ツールボックス構築のための戦略
国際フォーラム設立のための戦略
ツールの資源管理上の効果の評価手法
ツールの生業複合に対する効果の評価手法
株式会社タジマラボ・但馬英知代表と業務委託内容についての打ち合わせ
MEMBER 大西秀之・鹿熊信一郎・佐藤哲・竹村紫苑・但馬英知・法理樹里・牧野光琢・松田浩敬・松田裕之